くらし情報『朝ドラ史上“唯一”のヒロイン、元宝塚・純名里沙が経験した「愛してくれる現場」』

2019年5月27日 11:00

朝ドラ史上“唯一”のヒロイン、元宝塚・純名里沙が経験した「愛してくれる現場」

朝ドラ史上“唯一”のヒロイン、元宝塚・純名里沙が経験した「愛してくれる現場」
純名里沙
「朝ドラに出て、人生が大きく変わりました」

と、振り返る純名里沙。朝ドラ第51作『ぴあの』(’94年)の出演者オーディションに応募した852人の中からヒロインに抜擢されたとき、宝塚歌劇団の生徒だった。

■「主題歌を歌ってみたい」とお願いした

「宝塚に入って3年目、劇団の方から朝ドラのオーディションを受けてみませんか?と声をかけていただき、これは面白そう!と思って。

カメラテストでは、何か特技をやってみてと言われ、ミュージカル『ウエストサイド物語』より『トゥナイト』をアカペラで熱唱しました(笑)。ポップスを歌う方が多いでしょうから、私は珍しかったのかも(笑)」

宝塚の現役生徒が朝ドラヒロインを演じたのは朝ドラ史上、純名ひとりだけ。ヒロインが主題歌を歌うことも朝ドラでは画期的だった。すでに宝塚で歌唱力に定評があった純名だからこそだ。

「劇中歌のレッスンのときだったか……記憶は定かではありませんが、劇伴を手がけていらした久石譲さんに主題歌を歌ってみたいとお願いしてみたんですよ。大それたことを言ってしまった気もしますが、思いきって手を挙げてよかったと今では思っています。

それがきっかけで久石譲さんのプロデュースでアルバムを出させていただき、『プロポーズ』という曲がシングルカットされました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.