くらし情報『阿川佐和子「そうか笑い話なんだ」で気づいた、認知症の母との明るい介護生活』

2019年6月10日 05:00

阿川佐和子「そうか笑い話なんだ」で気づいた、認知症の母との明るい介護生活

また、何か「明るい介護小説」を書けないか、と考えたことも動機のひとつです。認知症や介護をテーマにした小説や映画、ドラマなど、その多くは悲壮感に満ちていて、見ていてつらくなってしまって。

まあ、私の母のどこか明るい認知症は、すべての人に共通することではないし、介護の環境も恵まれているとは思います。でも、悲しい、つらいばかりではなく、思わず「クスッ」と笑えるような一面も、介護にはあると感じていたんです。

■母の的外れな言動も、どこかユーモラス

――いざ介護が必要になったときに、慌てないためには、どのような心構え・準備をしておいたらよいのでしょうか。

久々に実家に帰ったときなど、親を見て、「あ、老けたな」と感じることがありますよね。そんなときは、まだ親が元気でも、「将来、親のトイレを介助するなんてできるかしら?」と想像しては、「ムリムリ!」って不安に思っていました。

でも、先に先に考えすぎると、ムダに不安が大きくなってしまう気がします。それに、覚悟していたつもりでも、いざとなると家族はパニックになるんですよ。そして結局、やるしかない。「誰がやるの?」「え?私?」「そうよね、私よね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.