くらし情報『有村藍里らの「整形カミングアウト」ブームに高須院長が待ったをかけるワケ』

2019年5月25日 12:00

有村藍里らの「整形カミングアウト」ブームに高須院長が待ったをかけるワケ

でも、売れっ子美人芸能人は同じ整形をしても、そういう対応はしないかな」

──売れている芸能人の整形とは、どのような感じなのでしょうか?

高須「ベースがきれいな方なら、望むことは“いかに今の売れているルックスをキープできるか”ということ。なので、ボトックスやヒアルロン酸、ウルセラ、フォトフェイシャルなどで、今の顔をキープするためのケアをする方が多いね。ガッツリ直す方は、デビュー前にできるだけ仕上げたい人か、デビューしたもののネタがない人に多い印象です」

──しかし最近は、コンプレックスや整形をオープンにすることで女性たちの共感が集まり、人気につながるようになりました。

高須「“ネガティブ商売”っていう新ジャンルなのかな?でも、やはり公表しない方はしないし、そもそも整形はプライベートなもの!告白する・しないは自由だけど、後のことまで考えたほうがいいかもね」
■整形で幸せになる人、ならない人の違い

──なるほど。ところで中には、整形してきれいになったはずなのに、いつまでもコンプレックスを気にしているような方も見かけますし、整形を繰り返して、1か所直すだけでは満足できなくなる「整形依存」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.