くらし情報『有村藍里らの「整形カミングアウト」ブームに高須院長が待ったをかけるワケ』

2019年5月25日 12:00

有村藍里らの「整形カミングアウト」ブームに高須院長が待ったをかけるワケ

の危険を感じる方もいます。実際、整形に依存してしまうケースは多いものなのでしょうか?

高須「他人から見てキレイかどうかより、自分で思い詰めて、気に病んで、その部分ばかり気にしてしまうという思考回路は、整形に限らず確かにある。でも、そんな数ミリの差を気にしてネガティブに暮らすなんて、もったいないよ!せっかく頑張って整形したなら、それに合うヘアメイクでもして、おしゃれして出かけてほしいなぁ」

──有村さんは整形後、周囲から笑顔が明るくなったと言われているそうですが、整形で幸せになる人、ならない人の違いはなんでしょうか?

高須「結婚と同じ!今を受け止めるか、アラ探しをするか。“わ~、エステじゃできないくらいキレイになった!”って思う人もいれば、“でもやっぱりココ、変じゃない?”って、鏡ばかり見て欠点探しする人もいる。でも、結果に満足するためにはクリニック選びこそ大事。しっかり情報を集め、カウンセリングし、納得してから受けるのがいいと思います」

──では、顔のコンプレックスで悩んでいる女性へアドバイスをお願いします!

高須「どうしても気になることがある人は、まずカウンセリングへ!見た目がきれいになると自信がつき、明るくハツラツとなることも多いからね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.