くらし情報『長期化する親の介護、親の金銭管理術ときょうだい間トラブル防止法』

2019年5月26日 17:00

長期化する親の介護、親の金銭管理術ときょうだい間トラブル防止法

先生からおっしゃっていただけませんか』とお願いしてみましょう」(太田さん)。親から診察室への同行を拒まれ、看護師さんに同様のことを書いたメモを渡した例もあるとか。親の性格や自分との関係を考えながら、戦略を練りましょう。

■介護家計簿でトラブル防止

介護費用を親のお金でまかなう場合、気をつけたいのがきょうだい間のトラブル。また親の心身状態によっては、子が親の金銭管理を行うこともあるでしょう。その場合、介護をしていないきょうだいが「どうして親のお金の残りがこんなに少ないの」と言い出すケースも。

太田さんは「親の口座から入出金した場合、また、自分で立て替えた場合は、『書いて残す』『領収書は保管』を徹底して」とすすめます。記録はきょうだい間で共有できるようにしておきます。スマートフォンの家計簿アプリを使って出入金を記録、領収書やレシートを撮影すれば、きょうだい間でデータ共有も簡単。

親の年金収入も少なく、預貯金もない、という場合、しかも子ども自身が年金生活、または子育て中で、金銭面の余裕がない場合はどうでしょう。

そんなときに検討したいのが「生活保護」です。福祉事務所に申請すると、子どものところに「金銭的支援はできませんか」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.