くらし情報『クリスタル・ケイのコンプレックスを変えたNY「日本ではなかなかできなかった」』

2019年6月7日 07:00

クリスタル・ケイのコンプレックスを変えたNY「日本ではなかなかできなかった」

すべてを仕切っている彼女は、キャラ的には私と違いますが、パフォーマーとしては重なるところがある。だから恥ずかしいとかコワいなんて感情は全部捨てて、完全にドSでいきます!(笑)」

■コンプレックスを
誇りに変えたNY

クリスタルさんが『ピピン』を初めて見たのは、約2年にわたって日本を離れ、ニューヨークに拠点を置いていたとき。それはある意味、ピピンと同じく“自分探し”の道程だった。

「アメリカのステージで音楽のチャレンジをしたくて、たくさんの曲を作ったり、ライブもやりました。演技クラスにも行って、コーチのすすめで“対人恐怖症克服コース”も受けたんですよ(笑)。そこで勇気をもらえた気がします」

それまでのクリスタルさんは自分のアイデンティティーについて苦しみ、いざというときにハッタリをかませない自分に悩んでいた。

「私は日本で生まれ育ったんですけど日本の血が一切入っていなくて(父はアメリカ人、母は韓国人)、ずーっとコンプレックスを抱えていたんです。

でも、ニューヨークはいろいろな人種の人が夢をつかみに集まっているところ。すごく厳しいし、自分をしっかり持っていないと置いていかれます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.