くらし情報『原田龍二の「袴田化」問題、芸能界では“車内不倫”をネタにできても家族どう思う』

2019年6月4日 17:00

原田龍二の「袴田化」問題、芸能界では“車内不倫”をネタにできても家族どう思う

原田龍二の「袴田化」問題、芸能界では“車内不倫”をネタにできても家族どう思う
原田龍二
複数のファン女性との“車内不倫”を『週刊文春』に報じられた原田龍二が、時間も内容も“無制限”の釈明会見を行った。原田は報じられた内容を全て認めたうえで、「妻と2人の子供に悲しくつらい思いをさせてしまったことを深く反省しております」と謝罪した。

「会見では、どんな質問にも答えると言った通り、かなり際どい、突っ込んだ内容の質問にも正直に答えていましたが、中には『そこまで聞くか?』というものもありました」(スポーツ紙記者)

原田には2001年に結婚した妻との間に高校2年の長男と中学1年の長女がいる。今回の報道を受けて、妻からは「バカ」「原田、アウト!」とたしなめられたという。

「『アウト』は原田が出演していた『笑ってはいけない』シリーズ(日本テレビ系)の罰ゲームのフレーズです。奥さんはそれに絡めたのでしょうが、多感な2人の子どもたちは、理解しがたいでしょうね。原田は『今後の行動を見てほしい。信頼を取り戻したい』と謝罪したそうですが……」(同前)

原田の“車内”不倫の「セコさ」から、引き合いに出されるのが“アパ不倫”が話題になった袴田吉彦だ。

「袴田は不倫が発覚してから離婚、しばらくするとバラエティー番組などで、自ら“アパ不倫”をネタにしていますが、原田の場合はどうでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.