くらし情報『川栄李奈と舞台俳優の “格差婚” に潜む心理、起こりうる「弊害」と「恩恵」』

2019年6月9日 22:00

川栄李奈と舞台俳優の “格差婚” に潜む心理、起こりうる「弊害」と「恩恵」

■「格差婚=母性本能から」は誤解!
結婚に至るためには3つの普遍的なステップが

かくして恋愛に発展し、無事に結婚に至ったふたり。しかし川栄さんと廣瀬さんとでは、正直、知名度で雲泥の差があります。いわゆる格差婚なワケで、川栄さんの母性本能でもくすぐられたのかな?なんて邪推してしまいますが、実はこれ、誤解だとか。

「“格上”の女性が『面倒を見てあげたい』『育てたい』という思いから男性を見初めたと思われがちですが、それはイメージにすぎません。そのような『保護欲求』は、本質的には子どもやペットに対して抱くもので、恋愛感情には直接的には結びつきにくいものだからです。仮に女性がそのようなことを口にすることがあっても、それは自分の心を誤認している可能性が高く、実はそれ以外の要因が影響しています」

恋愛から結婚、安定的な夫婦関係に結びつくまでには、“SVR理論”を満たすことが必要といわれているそう。それは社会心理学者・マースタインによるパートナーシップを結ぶための3ステップの考え方です。

■第1段階「お互いにとって相手が刺激的であること」
一般的には、見た目や行動などが対象になることが多いですが、社会的な立場の違いは、その最たるものでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.