くらし情報『能町みね子とサムソン高橋夫婦(仮)の、恋愛感情ゼロな “ニュータイプ婚”』

2019年6月15日 21:00

能町みね子とサムソン高橋夫婦(仮)の、恋愛感情ゼロな “ニュータイプ婚”

能町みね子とサムソン高橋夫婦(仮)の、恋愛感情ゼロな “ニュータイプ婚”
(左から)能町みね子、サムソン高橋撮影/矢島泰
人気コラムニスト・イラストレーターの能町みね子さん(40)と、世界のゲイスポットを巡った原作マンガが人気のゲイライター・サムソン高橋さん(51)。ふたりはサムソンさんが購入した一軒家での共同生活を営んでいる。
当初は「結婚前提」で同居を始め、約2年が経過。出生時に判断された性別にとらわれない生き方をするトランスジェンダーで、現在は女性として暮らす「妻」と、ゲイ男性の「夫」という組み合わせの「夫婦(仮)」でもある。そんなふたりの“恋愛感情の伴わない”ニュータイプな結婚(仮)生活について話を聞いてみた!

サムソン高橋(以下、サムソン):アキラ(サムソン高橋のファーストネーム)、みね子って呼び合ってます。今回ニュータイプ女子って企画でしょ、だから私たちふたりがニュータイプ女子って企画なのかと思ってた。私たちって何?同居人?姉妹?……金ヅル?(笑)

能町みね子(以下、みね子):なんでしょうね。一緒に住む前は結婚を前提にしていましたが、一緒に住んでしまったので、今のところ進展はないですね。

きっかけはSNSツイッター」だったという。サムソンさんが能町さんをフォローする形で、ふたりの関係は始まった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.