くらし情報『ピエール瀧問題で石野卓球が激怒、4月の “つぶやき” のカウントダウン始まる』

2019年6月12日 16:00

ピエール瀧問題で石野卓球が激怒、4月の “つぶやき” のカウントダウン始まる

だいぶ遅れて話し合ったそうですが、“これまでさんざん事務所に貢献した人間を簡単にクビにするのか”という部分でも、卓球さんと事務所の間に溝が生まれてしまった。卓球さんは“瀧と2人で個人事務所を立ち上げて、新たなスタートを切りたい”と話しているそうです」(音楽業界関係者)

ツイッターでも4月に《もう辞める》とつぶやいていた石野。彼がほのめかしている“独立”について所属事務所であるソニー・ミュージックアーティスツに聞くと、

「特に話し合いはしていません」

とのことだった。

メンバーは石野のみだが、グループとしての電気グルーヴは、現在もソニーの所属となっている。

しかし、事件以降、彼はDJとしてのイベント出演がメインで、8月に開催される音楽フェスも電気グルーヴとしての出演はキャンセルとなったが、石野自身はDJとして出演する。

「卓球さんはまだソニー所属ではありますが、DJ活動に関しては窓口が別なんです。現在、卓球さんのイベント出演がDJばかりなのは、“音楽をやるなら瀧と”という気持ちのあらわれではないでしょうか」(イベント会社関係者)
どこへもどこまでも─。2人は彼らのヒット曲『Shangri-La』でそう歌ったが、それはこれからも変わらないのかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.