くらし情報『“コワモテ”に見えて笑顔はチャーミング! 渋川清彦の芸名に込められた思い』

2019年6月14日 11:00

“コワモテ”に見えて笑顔はチャーミング! 渋川清彦の芸名に込められた思い

“コワモテ”に見えて笑顔はチャーミング! 渋川清彦の芸名に込められた思い
渋川清彦撮影/伊藤和幸
「『週刊女性』の取材を受ける日が来るなんて。初めてじゃないかな(笑)」

ヤクザやチンピラなど、アウトローな役柄も難なくこなし、名バイプレーヤーとしても名高い個性派俳優・渋川清彦(44)。昨年の映画出演数はなんと14本、大河ドラマ『西郷どん』にも板垣退助役で出演した。

■“相棒”あたるくんとの共通点

渋くてカッコよく、どこか大人の色気が漂う。一見、“コワモテ”なイメージを受けるも、

「よく怖そうって言われます(笑)」

と言って見せる笑顔はとてもチャーミング。そんな渋川が連ドラ初主演を務めた『柴公園』が映画化される。

「とにかくセリフが多くて、覚えるのに必死でした。寝言でも言っていたそうです(笑)。でも結局覚えられず、セリフが入らないまま現場に行くなんて初めての経験でした」

渋川の“相棒”となるのは柴犬の「あたる」。取材時も“お手”を披露するなど、息ぴったりだ。

「実はあたる君は近所に住んでいて、今でもときどき会いに行っているんです。しかも、あたる君の本名は“きい”。僕の旧芸名は“KEE”。すごい偶然ですよね」

今の名前に変更したのは30歳のとき。出身地の群馬県渋川市からその名をとった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.