くらし情報『“コワモテ”に見えて笑顔はチャーミング! 渋川清彦の芸名に込められた思い』

2019年6月14日 11:00

“コワモテ”に見えて笑顔はチャーミング! 渋川清彦の芸名に込められた思い

「当時、時代劇にハマっていて、エンドロールにローマ字って何か嫌だなと。いま思えばそれはそれでいいと思うんですが、当時は違和感があって漢字にしようと。地元の渋川市のことも知ってもらえますしね」

■役への思いとヒゲのこだわり

昨年、俳優人生20年目を迎えた。主演でもそれ以外でも、役者としての存在感は抜群だ。

「当時はこんなに長く続くとは思ってなくて、本当に運よくここまでやってこれたんです。僕はいわゆるバイプレーヤーというものにとても惹かれる。主演もうれしいですが、脇役はひとクセもふたクセもあって面白い。個性が強いのが好きです。1本1本、しっかりやっていきたい。忙しくやっていくのではなく、ちゃんとひとつひとつの役に向き合ってやっていけたらと思います」

■ヒゲの“意味”

「役によって伸ばしたり、剃ったりと変えていて、『柴公園』ではすべて剃っています。あと、口ヒゲ、あごヒゲもなんとなく使い分けていて、あごヒゲだと比較的若い人、口ヒゲだとおっさんのイメージ(笑)。すぐに生えてくるものではないので、うまく調整してやっています」

■プライベートでは1児のパパ

「休みの日は映画を見に行ったりすることもありますが、子どもがまだ3歳と小さいので一緒に遊んだりしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.