くらし情報『「若く見えるね」を鵜呑みにすると結婚は遠のく、“実年齢に自覚なし” の痛い事例』

2019年6月16日 21:00

「若く見えるね」を鵜呑みにすると結婚は遠のく、“実年齢に自覚なし” の痛い事例

その理由がこうでした。

「写真よりも女性が老けていました。そこでテンションが下がってしまった。同い年の女性には見えなかった」

自会員だから欲目で言うわけではありませんが、葉子さんは、39歳でもスレンダーな体形をキープしているし、おしゃれだし、美人さんです。

裕太さんは、小柄だしスタイルのいいハンサムなので、おそらく他人に実年齢を言ったときに、「え〜っ、若く見えますねぇ」と言われる機会がこれまでも多かったのでしょう。

ですが、私には二人が同い年に見えたし、彼が39歳よりも特別若い容姿には見えませんでした。

■「私には、年上すぎます」って、5つだけですが

由美さん(46歳、仮名)は、美人でスタイルもいい。おそらく、「きれいですね」という褒め言葉を、これまでたくさん言われながら年を重ねてきたのでしょう。

入会登録後、50代男性からのお申し込みがたくさんありました。ところが、50代の男性のお申し込みは、まったく受けませんでした。

申し込むのは、年下ばかり。上でも48歳くらいまで。この狭い年齢ゾーンで申し込むので断られることが多かったのですが、それでもたまに受諾をされることもありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.