くらし情報『売り上げ半減!止まらない“ガム離れ”を救うのは、高齢者?』

2019年6月20日 16:00

売り上げ半減!止まらない“ガム離れ”を救うのは、高齢者?

売り上げ半減!止まらない“ガム離れ”を救うのは、高齢者?
32年の歴史に幕を下ろした『キスミント』
お腹がすいたときにも、ストレス解消にも。うれしいときも、悲しいときも、そうでもないときも。毎日の生活につきものであるお菓子。チョコレート、ポテトチップス、ケーキにお団子……各ジャンルごとにお気に入りの商品がある人も少なくないだろうが、昨今、とあるジャンルの売れ行きが右肩下がりだという。ガムだ。

■生き残るガム、消え去るガムの違いは?

写真ページにある表【1】は、2003年からの各菓子の売り上げ金額の推移を表したもの。チョコレートが躍進する一方、ガムは大きく落ち込んでいる。’04年の金額を100とすれば、’18年の増減率は表【2】のとおりに。見事なガムの1人負け……。

「ガムは’04年の1881億円をピークに売り上げ金額を下げ続け、’18年は970億円にまで落ち込みました。この約15年で、ガム市場は半減したんです」

とは、マーケティングに詳しい神戸大学大学院の栗木契教授。

「若い人を中心に固いものが好まれない風潮にあります。だから、せんべいも落ち込んでいますよね?」

昨秋、『キスミント』の販売終了を決めたのは江崎グリコだ。

「ガム市場の縮小傾向の中、近年は売り上げが伸び悩んでいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.