くらし情報『“推し剣”に会いたい刀剣女子が殺到! 『刀剣博物館』で味わう恍惚と達成感』

2019年6月22日 17:00

“推し剣”に会いたい刀剣女子が殺到! 『刀剣博物館』で味わう恍惚と達成感

“推し剣”に会いたい刀剣女子が殺到! 『刀剣博物館』で味わう恍惚と達成感
日本刀の重さは1キロ弱。腕がプルプル……※学芸員立ち会いのもと特別な許可を得て手に取って鑑賞しています
「『国行』を目当てに来ました。めっちゃきれいです!ゲームからのファンで、ミュージカルはまだですけど映画は見に行きました。日本刀自体には知識はないんですけど(笑)、好きなキャラクター(刀剣)が展示されていたら実際に見に行きますよ」

東京・両国にある『刀剣博物館』に来ていた、20代の女性2人組がガラス越しに熱い視線を送るのは日本刀。今、全国にある刀剣に関する博物館や展示会に、彼女たちのような若い女性が殺到している。

「女性の来館者は圧倒的に増えて、今や7:3の割合で女性が多く、女性は30代以下、男性は50代以上が中心です。ゲームがブームになる前は、来館者数も1日100人ほどでしたが、現在は年間で約5万6000人。1日200人近くといったところです」

そう話すのは刀剣博物館を運営する、公益財団法人日本美術刀剣保存協会の荒川史人さん。荒川さんや、冒頭の女性らが話す“ゲーム”というのが、ブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』だ。

昨年のNHK紅白歌合戦に出演していた、きらびやかな衣装を身にまとい不思議な話し方をしていたイケメンたちを覚えているだろうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.