くらし情報『誰にも言えない“おしっこの悩み”を解消!? 1回3秒でできる「内臓リフトアップ体操」のやり方』

2019年6月25日 17:00

誰にも言えない“おしっこの悩み”を解消!? 1回3秒でできる「内臓リフトアップ体操」のやり方

人類が二足歩行になったことと、頭部が大きくなったことで、骨盤の穴にずり落ちやすくなった内臓を支えているのが「骨盤底筋」。骨盤の底にハンモック状についていて、加齢によってたるんだり、出産などにより傷ついたりすると、おしっこトラブルの原因になることが。

■「内臓リフトアップ」で
自覚症状が改善!

股にピンポン玉がはさまったような違和感に悩まされていた高橋さんに、「内臓リフトアップ体操」を1か月間やってもらったところ、自覚症状に改善が見られました。実際、高橋さんのMRI画像を見ても、体操後は線で囲んだぼうこうの変形が改善。体操で骨盤底筋が張りを取り戻し、ぼうこうの位置が改善したと考えられます。

■内臓リフトアップ
体操のやり方

■ポイントは息を吐きながら、肛門をキュッと締める!

(1)まずは、動かす筋肉を意識する。動かすのは、おならをガマンするときに使う肛門の筋肉。

(2)全身の力を抜いてリラックスし、ゆっくり息を吸う。

(3)ゆっくり息を吐きながら、3秒間、意識したお尻の筋肉を「キュッ」と締め続ける。3秒たったら力を抜いてリラックス。

(1)~(3)を10回で1セットとして、1日2セット以上行う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.