くらし情報『<慶應横浜初等部合格>年間学費が最高峰でも「元が取れる」社中協力の校風』

2019年6月28日 22:30

<慶應横浜初等部合格>年間学費が最高峰でも「元が取れる」社中協力の校風

「子どもが小学校低学年までは、私も仕事先に時短勤務を申請していたので、5歳(年中)からは保育園ではなく幼稚園に通わせました。小学校受験の準備方法もわかりませんでしたし、そのタイミングでまずはとにかく近くの大手教室に入会し、幼稚園の延長保育を利用した後、お教室に連れて行っていました。

なので、学校別、総合ペーパー、絵画、体操などは、年中の4月からスタートしたことになります。

年長からは、そのお教室で知り合った方に誘っていただき、週に一度、個人の先生が開く横浜初等部対策の授業に通いました。初等部を受けるなら、慶應幼稚舎対策の授業も受けたほうがよいといわれましたが、結局、幼稚舎クラスは取りませんでした。

幼稚舎には、初等部で必要なペーパーはなく、そのかわりに絵画が追加されるだけのようでしたので、幼稚舎向けの特別な準備はしていません。

初等部は一次試験のペーパーを突破しないことにはどうしようもないので、家庭学習はペーパーを徹底的にやっていました。お教室の復習用テキスト以外にも、お受験塾『こぐま会』『理英会』などのテキストを購入し、お教室の進行に合わせ、幼稚園に行く前に毎朝30ページは親子で格闘していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.