くらし情報『後藤真希、生々しすぎた不倫裁判で余儀なくされる「新しいママタレ像」の形成』

2019年7月4日 06:00

後藤真希、生々しすぎた不倫裁判で余儀なくされる「新しいママタレ像」の形成

後藤真希、生々しすぎた不倫裁判で余儀なくされる「新しいママタレ像」の形成
後藤真希
元・モーニング娘。後藤真希が4か月ぶりにインスタグラムを更新した。《今日からまた》という文言とともに、コーディネートをアップしていくことを宣言している。

彼女について記憶に新しいのが、今年3月に報じられた不倫騒動。

元カレでもあった年下男性との不倫が夫の知るところとなり、夫が不倫相手の男性に330万円の損害賠償を請求する民事訴訟を起こしたのだった。

後藤は陳述書でその男性と肉体関係があったことを認めているなど、裁判は実に生々しい内容になった。さらに、不倫相手の男性は後藤が夫から日常的にDVやモラルハラスメントを受けており、すでに婚姻関係が破綻しているとして、損害賠償請求の前提となる権利侵害行為はないと主張した。

裁判でどう決着しようとも離婚は間違いなしと思った最中、ゴマキは自身のブログを更新。

《私の未熟で軽率な行いにより生涯を誓った夫を深く傷つけ、妻として母として、またこのような立場でありながら自覚が足りず、信頼を裏切る事となりました。後悔の思いとともに深く反省しております》

と綴った。結局、夫婦関係は修復され、離婚は回避されたのだった。そして先月、和解が成立し、裁判は決着した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.