くらし情報『ロッテ『謎の魚』の人気を探る!大当たりの背景に「時代が生んだ戦略」』

2019年7月12日 04:00

ロッテ『謎の魚』の人気を探る!大当たりの背景に「時代が生んだ戦略」

それでは、謎の魚出生の内幕話をご紹介しましょう。

まず、球団サイドの要望は既存のキャラクターにはないキャラクターがほしい。言い換えれば、今までにない強い個性がマストだったと言います。

「当初、しゃべるキャラクターを作る案が出ましたが、それでは個性が弱いと議論の末、 “変形する”、それも1回だけでなく何回も変身していく設定にいきつきました。そして、少しずつ変身していく過程を、段階的に分けて小出しにしながら、時間をかけてマスコミに発表する作戦に決まりました」(ロッテ球団広報)

次に、このキャラクターをどう名付けるかが、大きな思案のしどころでした。

それまでのマリーンズキャラクターの名前は、マリンーズにちなみ、『マーくん』『リーンちゃん』『ズーちゃん』でした。名前は命名と同時に、キャラクターにイメージを与えてしまいます。例えば「魚太郎」だと和風で男性、「マイケル」なら外国人男性、というような先入観をもたれてしまいがちです。だからこそ、ネーミングに関しては、かなり難航したという。

「本当に、いろいろな名前が候補にあがりましたが、どれも決め手に欠け、時間だけが過ぎていきました。この際、名前がない設定が斬新かもと、具体的な名前はつけず『謎の魚』に決定したんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.