くらし情報『ブランド品やラーメンも!? 増殖するサブスクの謎「利益は?」「若者は使わない?」』

2019年7月11日 08:00

ブランド品やラーメンも!? 増殖するサブスクの謎「利益は?」「若者は使わない?」

ブランド品やラーメンも!? 増殖するサブスクの謎「利益は?」「若者は使わない?」
※写真はイメージです
Hulu(フールー)にNetflix(ネットフリックス)などの映像配信や音楽配信、家電からブランドバッグ、美容院まで。料金定額制の『サブスクリプション』というサービスがいま、話題を集めている。

■「手元になくとも必要な瞬間にあれば」

サブスク事情に詳しいITジャーナリストの三上洋さんによると、

「サブスクリプションとは、ひとつずつ購入して利用していた物やサービスを、月や年などの期間で契約し代金を支払うことで、まとめて利用できるようになるサービスのこと。消費スタイルのひとつとして定着しつつあります。最近では“◯◯放題”という言葉が強調されるようになりました」

海外で浸透していたサブスクリプションが日本上陸を果たしたのは2016年ごろから。’15年に日本でサービスを開始したNetflixや音楽配信サービスのAppleMusic(アップルミュージック)などが普及し始めるにつれ、さまざまな分野に拡大していった。

なぜいま、サブスクが盛り上がりを見せているのか?

「かつて日本では、高級品を持つことがある種のステータスだとされてきました。しかし、バブル経済の崩壊以降は、非正規雇用なども目立つ経済状況下で、収入の悪化により憧れの品物を手に入れられなくともよいという風潮が生まれてきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.