くらし情報『ユーミン、宇多田ら大物も参入! サブスク音楽配信「プレイリスト文化」の魅力とは』

2019年7月13日 11:00

ユーミン、宇多田ら大物も参入! サブスク音楽配信「プレイリスト文化」の魅力とは

ユーミン、宇多田ら大物も参入! サブスク音楽配信「プレイリスト文化」の魅力とは
※写真はイメージです
定額で気軽に物やサービスを“利用”できる「サブスクリプション」。音楽系サブスクリプションである定額制音楽配信サービスは、映像系と同じくサブスクでは人気ジャンルのひとつ。月額料金を支払えば、スマホやパソコンなどで、いつでも手軽に数千万曲が聴き放題に。

■手軽さと便利さが人気を後押し

日本レコード協会が発表した統計によれば、CDなどの音楽ソフトに関する売り上げは2018年末で1576億円強、直近5年間に400億円近く減少している。一方、定額制音楽配信サービスに関わる売り上げは、昨年末には350億円弱を叩き出している。

音楽評論家・榎本幹朗さんによれば、サブスクは「世界的にも音楽市場を牽引しつつある」という。

「定額制音楽配信サービスが先行していたアメリカでも’18年には配信サービスの普及で音楽業界が前年比12%も成長しており、日本も定額制配信のおかげで4%成長しました。

ここまで支持されるようになったのは、スマートフォンなどの普及と、月1000円前後で音楽が聴き放題という手軽さ。いちいちCDやパソコンからダウンロードして、音楽プレーヤーに入れるという手間のいらない便利さも、人気を後押ししました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.