くらし情報『小田和正、71歳。1万7000人が集った会場で走り回り「やっていることは年相応」』

2019年7月13日 17:00

小田和正、71歳。1万7000人が集った会場で走り回り「やっていることは年相応」

大きな拍手で包まれた会場から次々に起こる「小田さん!」コールに、

「収録を意識してるんですか(笑)。僕は実年齢よりもひと回りもふた回りも若いねと言われることがあるんですが、やっていることは年相応なんです。ちょっと若い感じと、ヨボヨボしている感じとどっちがいいでしょうか?あんまり元気なのもね(笑)。どういう感じが好まれるんでしょうね。年相応な『秋の気配』を無理しないでやってみましょうか」

そのまま歌唱に入るかと思いきや「あれが〜♪」と歌ったあとにすぐ「すみません」と演奏を止める。これぞライブの醍醐味と客席からは大きな拍手が。

「もう1回やります」

そこからはCMソングやドラマ主題歌などになった『愛を止めないで』『言葉にできない』に、ステージを走り回る小田とともにファンが合唱した『Yes-No』と続く。昨年の全国ツアーで回った各地を旅する『ご当地紀行』のダイジェスト映像では、人生で初めて電車の席を譲られた鳥取での車内や、岩手の小岩井駅で幼稚園児に「『クリスマスの約束』に出ていますよね」と声をかけられる小田の姿が。

ライブ後半戦になると、ドラマ『東京ラブストーリー』の主題歌『ラブ・ストーリーは突然に』を歌いながら客席へと下りていき、続く『キラキラ』までアリーナへつながるスタンド席のすべての階段を上り、至近距離でファンに挨拶する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.