くらし情報『「子どもが欲しい」と言う40〜60代の婚活男性たちは、己の“立ち位置”を知るべし』

2019年7月20日 21:30

「子どもが欲しい」と言う40〜60代の婚活男性たちは、己の“立ち位置”を知るべし

婚活が成功するポイントは、どこにあるのでしょうか?それは、ご自身の婚活市場での立ち位置を、しっかりと把握することにあります。

婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合いの現場に関わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えていく連載。今回は、「婚活者よ、己の立ち位置を知れ!」です。

「子どもが欲しい」と言う40〜60代の婚活男性たちは、己の“立ち位置”を知るべし
■40代、50代、60代の男性が30代半ばを望んでも

男性で入会面談にやってくる方たちの多くが、40歳を過ぎても、50歳を過ぎても、60歳になっても、一様に言うセリフがあります。

「子どもが欲しい」。

そして、子どもを希望している男性は入会面談に来たときに、お見合いする女性の年齢を、30代半ばに設定しています。そんなとき、私は、いつも言います。

「でも、あなたは50歳ですよね。35歳までの女性と結婚するのは難しいですよ」

すると、「じゃあ、39歳くらいまで」と年齢をあげますが、ギリギリ30代に限定してきます。「それでも難しいですよ」と言うと、「女性って、いったい何歳まで、子どもを産めるんですか?」と、逆に聞いてきたりします。

出産できる年齢は、人それぞれです。例えば、ジャガー横田さんは、45歳の初産で男の子を授かっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.