くらし情報『親子3世代で遊べる白馬の夏山、スリル満点なコギダス、アミダス、トビダス!』

2019年7月21日 07:00

親子3世代で遊べる白馬の夏山、スリル満点なコギダス、アミダス、トビダス!

親子3世代で遊べる白馬の夏山、スリル満点なコギダス、アミダス、トビダス!
圧倒的大パノラマ!緑が萌える山々の後方には、夏でも万年雪に包まれる壮大な北アルプス
今年の夏はどこに行くか決めた!?まだ、という人は北アルプスを一望できる白馬の夏山はいかが?山といっても登山靴は不要。サンダルやパンプスをはいてお散歩気分で、親子3世代で出かけよう。そう、グリーンシーズンの白馬は身近な場所になっていた!

■絶景を楽しむ“天空カフェ”

眼前に広がる2800メートル~2900メートルクラスの山々が集う、壮大な北アルプスの一角、後立山連峰(白馬岳・鑓ヶ岳・杓子岳など)。白銀と深緑のコントラストは、まるで絵はがきのような優雅な光景。そんな景色を見られるのはコツコツと山を登ってきた、さぞ体力に自信のある“山ガール”だけ……と思いきや、

「遠くから眺めるだけでも十分きれいなのに、こんなに近くでアルプスが見られるとは思いませんでした。しかも、こんなに気軽に、パンプスで行けるなんて(笑)」

そう話すのは、初夏を満喫するため長野県・北安曇郡白馬村へ旅行に来たという都内に暮らす50代女性2人組。標高1300メートル地点とは思えないほど軽装だ。そういえば、あたりを見渡すと、なんと小さな子どももいれば、高齢者までいるではないか!?

ここは山小屋、ではない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.