くらし情報『「自己肯定感が低く、死にたいと言う子も多い」親が離婚した子どもたちの喪失感』

2019年7月21日 13:00

「自己肯定感が低く、死にたいと言う子も多い」親が離婚した子どもたちの喪失感

「自己肯定感が低く、死にたいと言う子も多い」親が離婚した子どもたちの喪失感
NPO法人「ウィーズ」代表理事・光本歩さん
「離婚するなら、どうして結婚したの?」「何で私を産んだんだ」「私はもう生きている意味がない」

親が離婚した子どもたちから「ウィーズ」に寄せられた声だ。ウィーズは親の離婚を経験した子どもをサポートするNPO法人で、理事長の光本歩さんが2009年に個人事業としてスタート、’16年に創設した団体だ。

■親の離婚は一種の喪失体験

「相談も受けていますが、メールで“死にたい”と書いてくる子が多いです。“アンタさえいなければ”と親から暴言を吐かれたりして、愛されている実感が持てない。自己肯定感が低い子が多いと感じます。ただ、個人差がすごくあって、例えばDVをしている親を殺してやりたいと憎む子もいれば、そんな親でも好きだという子もいる。本当にケースバイケースですね」

相談を寄せるのは中学生から大学生まで幅広い。リストカットを繰り返し自傷行為に走るなど、年に4、5人は大変なケースがある。光本さんは頻繁にメールやLINEでやりとりを続けて信頼関係を築き、夜中でも対応しているそうだ。

「両親がケンカする姿をずっと見続けたり、離婚後も片方の親の悪口を延々と聞かされたりして結婚願望を持てなくなって“こんな自分はおかしいですか”と聞く子もいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.