くらし情報『事故物件住みます芸人が心霊スポットで寝てみた結果』

2019年7月25日 22:00

事故物件住みます芸人が心霊スポットで寝てみた結果

そもそもタニシさんはなぜ事故物件に住むようになったのだろうか?

「最初はテレビ番組の企画でした。2012年ごろは家電芸人などマニアックなトークができる芸人がフィーチャーされるようになった時代でした。それまでテレビのコンテスト番組で結果を残せない10年を過ごしていました。『事故物件住みます芸人』になったほうが活躍できるんじゃないか?と思い至りました」

その目論見は当たり、自身の経験を書いた『事故物件怪談恐い間取り』はベストセラーになった。現在も心霊番組や事故物件に関するイベントでは引っ張りだこになっている。また事故物件だけではなく、心霊スポットにも足繁く通っているという。

「心霊スポットを歩くだけではなく、そこで寝るようにしています。事故物件で寝るのに慣れたら、心霊スポットで寝るのにも抵抗なくなりました」

心霊現象に悩まされることもあったが、それよりも自然のほうが怖かった。

「最も怖かったのは夜中にイノシシと対峙したときですね。1時間ほどにらみ合う形になって動けませんでした。死ぬかと思いました」

松原タニシさんはこれからも事故物件に住み続け、心霊スポットを回りたいと、語ってくれた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.