くらし情報『宇野昌磨、前例にない「コーチ不在」に陥った本当の理由』

2019年7月25日 21:00

宇野昌磨、前例にない「コーチ不在」に陥った本当の理由

宇野は拠点を海外に移すことを視野に入れて海外合宿を行い、国内外で新たなコーチを探していたという。現地メディアは、エテリ氏が最有力候補だと伝えていたが……。

「双方のやりとりで行き違いがあり、契約に至らなかったようです。宇野選手は報道陣に対して“あくまで夏合宿だけが目的だった”と話していましたが、実はエテリ氏の合宿に参加する際、彼女を今後のコーチにつけるつもりで準備を進めていました。しかし、エテリ氏は“一時的に見るだけ”という認識でいたため、最終的な契約時に宇野選手サイドの細かい条件をのむことができなかったようです」(スケート連盟関係者)

契約NGとわかったときは、すでに山田氏と樋口氏からの卒業を発表していた宇野。エテリ氏との重大な“行き違い”によって、彼は突如、居場所を失ってしまったのだ。

■たった1人の“武者修行”

専属コーチとなると、スケジュールもかなり拘束されてしまう。契約のハードルが高いのは確かだが、いったいなぜ、このようなズレが生じてしまったのか。「一般的に、交渉では選手とコーチの間にスケート連盟関係者が介在します。羽生選手を指導するブライアン・オーサーコーチは、元フィギュアスケート連盟の城田憲子氏の紹介です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.