くらし情報『宇野昌磨、前例にない「コーチ不在」に陥った本当の理由』

2019年7月25日 21:00

宇野昌磨、前例にない「コーチ不在」に陥った本当の理由

宇野選手とエテリ氏の間にも関係者が懸け橋にはなったと思いますが、行き違いが生まれてしまうのは連盟の詰めが甘かったとしかいいようがありません」(同・スケート連盟関係者)

宇野は今シーズン、本当に1人で戦うのだろうか。

「ジャンプ指導を受けている本田武史氏をメインコーチとして迎える可能性はあるかもしれませんが、本田氏もアイスショーに出場したり解説者としての仕事もあったりと多忙なため、マンツーマンで見るというのは難しいでしょう。いろいろな合宿に参加しつつ、コーチも探していくという形を取ると思いますよ」(同・スケート連盟関係者)

“コーチ不在”という決死の覚悟を決めた宇野だが、今回はアクシデントで指導者がいなくなってしまったという特例だ。この緊急事態で、山田氏と樋口氏のもとへ戻るという選択肢はないのだろうか。

「今、宇野選手は1人でやることに前向きな姿勢を見せているので、古巣に戻ると周囲にネガティブにとらえられてしまったり“なぜ戻ったの?”と探られる可能性を避けているのかもしれませんね。これまでにコーチをつけないという決断をした選手の事例がないですし、それくらいリスキーなことなので、戻ってもいいと思うのですが……」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.