くらし情報『学校の怪談はなぜ廃れない? 現代風にアップデートされて残り続ける理由』

2019年7月26日 21:00

学校の怪談はなぜ廃れない? 現代風にアップデートされて残り続ける理由

学校の怪談はなぜ廃れない? 現代風にアップデートされて残り続ける理由
※写真はイメージです
3つ目の個室に潜んでいる“トイレの花子さん”、理科室の人体模型が夜な夜な動き出す……。誰もが子どものころに1度は触れたであろう『学校の怪談』。現在は、パソコンルームのパソコンから無数の手が出現する、など、怪談の内容も時代とともにアップデートしているという。

■ズボンやスカートを下ろすとき

それにしても、なぜ学校の怪談はすたれないのか?

「児童同士のコミュニケーションツールとして機能していることが考えられます」と話すのは、山口県立大学で子ども文化論などを研究する吉岡一志さん。怪談や恐怖体験は、子どもたちの交友関係を構築するうえで、重要な役割を果たしていると続ける。

「学校の怪談は、そのほとんどがトイレや特別教室、音楽室など出どころが明確です。子どもたちにとってはなじみの少ない特別教室=非日常空間ですから、そういった場所で何かが起きるというのは、子ども心に不安や想像力をかき立てる。

しかし、最も“霊”の出現場所が多いのはトイレなんです。学校の怪談スポットを調べた結果、日常的なスポットにもかかわらず、トイレは実に全体の約3割を占めるほど。

これは、ズボンやスカートを下ろし、ある意味、無防備な自分をさらけ出している場所だからだと言われてきました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.