くらし情報『武田真治 “筋肉キャラ” 定着も、思い出されるアイドル時代の懐かしい「あだ名」』

2019年7月31日 21:00

武田真治 “筋肉キャラ” 定着も、思い出されるアイドル時代の懐かしい「あだ名」

武田真治 “筋肉キャラ” 定着も、思い出されるアイドル時代の懐かしい「あだ名」
武田真治撮影/坂本利幸
「サックスは誰に頼まれて続けてきたものではなくて、ただ自分が好きで続けてきたこと。それが今、こんな大舞台で……すごくうれしいです」

■ジュノンのオーディションでも演奏

武田真治が全国ツアー中の『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』のスペシャルサポーターに。サックスプレーヤーとして東京公演初日にゲスト出演する武田。宝物である楽器を大事そうにケースから取り出すと、

「種類もいろいろあって、全部で10本くらい持っています。家の中に防音室を作って、そこでひとりお酒を飲みながら毎晩、練習をする時間が好きですね」

10代のころ、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストをきっかけに芸能界入りを果たした武田だが、それもサックス奏者になるための夢を叶えるひとつの手段だったとか。

「そうなんです。ジュノンのオーディションでもサックスを吹きました。下手くそでしたけど(笑)。

本当はミュージシャン……というか、バンドマンになりたかったんです。当時は“イカ天”などのテレビ番組もあり空前のバンドブームでしたから、浅はかにもその流れでデビューまでこぎつけ波に乗ってしまえば、その先もなんとかなるんじゃないかと思っていました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.