くらし情報『加藤浩次の毀誉褒貶「吉本騒動」で振り上げた拳の下ろし場所はどこへ』

2019年8月2日 04:30

加藤浩次の毀誉褒貶「吉本騒動」で振り上げた拳の下ろし場所はどこへ

加藤浩次の毀誉褒貶「吉本騒動」で振り上げた拳の下ろし場所はどこへ
加藤浩次
宮迫博之らによる反社会的勢力との闇営業騒動から始まった一連の“吉本騒動”は一向に収まる気配がない。吉本興業経営陣に「取締役が変わらなかったら会社を辞める」と自らがMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)で大見得を切った極楽とんぼの加藤浩次も、いささかトーンダウン。

「マスコミは吉本のお家騒動、加藤と松本人志のVS構造のように報じていますが、実際はもっと根が深い問題です。吉本は単なる芸能事務所というだけでなく、多額の税金が投入される官民ファンドの事業にも多く関わっています。

そうした観点からしても、コンプライアンス、ガバナンスは重要事項で、芸人の処遇や契約内容など早急に改善しなければいけない問題は山積しています」(スポーツ紙記者)

吉本興業がNSC養成所の合宿で「死亡しても責任負わない」との誓約書を書かせていたことについても、加藤は8月1日放送の『スッキリ』で「やっていることが杜撰(ずさん)」と憤慨し、「預かっているわけですから、会社に責任がある。そこはしっかりしないといけない」と吉本のやり方を批判した。

「加藤の『経営陣が変わらないなら会社を辞める』発言に対し、“盟友”であるナイナイの岡村隆史はラジオ番組で『ワイドショーハイになっていた』と、事を大げさにしないようにコメントしていましたが、加藤一派ともいわれるハリセンボン近藤春菜平成ノブシコブシ吉村崇らは、みんな加藤の言動に理解を示しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.