くらし情報『『ちびまる子ちゃん』の監督に聞いた、大切な世界観とまる子のギザギザ前髪の秘密』

2019年8月8日 07:00

『ちびまる子ちゃん』の監督に聞いた、大切な世界観とまる子のギザギザ前髪の秘密

行事でも、基本的には1度やったことはリセットしません。例えばクリスマスの夜におうちでパーティーをやっている回があるので、違う回でクリスマスの夜にほかのパーティーに出かけることはできないわけです。毎年違う時間帯でストーリーを作らなければいけないので、そのあたりは結構、苦労していますね」

舞台となるのは、さくら先生が過ごした静岡県清水市(現・清水区)の昭和49年という1年間だ。

「その時代を描き続けているので、基本的にまる子の世界観がガラリと変わることはありません。テレビはブラウン管のままですし、携帯が出てくることもない(笑)。変わったことと言えば、お話のテンポが速くなったことですね。視聴者の方はテンポが速いものに見慣れてきていると思うので、そこは時代に合わせて少しずつ変えてきました」

日曜の夕方、テレビで流れる『ちびまる子ちゃん』に癒されてきた大人たちも多いことだろう。

子どもも大人も、みんなが大好きな作品だが、

「監督になった当初は、それはそれはすごいプレッシャーでした。視聴率も取れてて、人気もあって、17年も続いた番組の監督になったわけですから。そのプレッシャーが今もずっと続いている感じです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.