くらし情報『三浦春馬の父性愛が止まらない、携帯電話に保存した “娘” の姿にメロメロ』

2019年8月13日 11:00

三浦春馬の父性愛が止まらない、携帯電話に保存した “娘” の姿にメロメロ

三浦春馬の父性愛が止まらない、携帯電話に保存した “娘” の姿にメロメロ
『TWOWEEKS』(c)フジテレビ
刹那的に生きていた男が、父性に目覚めたことで娘の命を救うためと自分の濡れ衣を晴らすために逃亡を続けるタイムリミットサスペンス、『TWO WEEKS』(フジテレビ系火曜夜9時~)主演の三浦春馬が初の父親役で新境地に挑むドラマの舞台裏とは─。

殺人の濡れ衣を着せられた男が娘の命を救うために逃亡劇を繰り広げる、タイムリミットサスペンス。原作は、韓国の同名ドラマ。

■描きたいのは“父性愛”

スリリングな逃亡にアクション、闇の組織、政治家の陰謀や思惑が複雑に絡み合うサスペンスと見どころは多いが、制作する関西テレビの岡光寛子プロデューサーが描きたいと思ったのは“父性愛”だという。

「父と娘の物語を描きたいと思ったのが、そもそもの始まりです。父と娘の親子の情は、友達のように何でも話してわかり合う母と娘の関係とはまた違ったものではないかと思ったんです」

主人公の結城大地役を演じるのは、三浦春馬。結城は殺人未遂で服役した過去を持ち、人生に希望を持たずに過ごしていた。しかし、8年前に一方的に別れを告げた交際相手のすみれ(比嘉愛未)から、自分との間にできた娘のはな(稲垣来泉)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.