くらし情報『アナウンサー独立の裏にある局への“愛”と“憎悪”、男性がフリーを選ぶタイミング』

2019年8月16日 19:00

アナウンサー独立の裏にある局への“愛”と“憎悪”、男性がフリーを選ぶタイミング

アナウンサー独立の裏にある局への“愛”と“憎悪”、男性がフリーを選ぶタイミング
(左から)福澤朗羽鳥慎一笠井信輔徳光和夫久米宏
世の中を騒がせた事件やスキャンダル、はたまたちょっと気になることまで、各分野のエキスパート“セキララアナリスト”たちが分析(アナリティクス)!ニュースの裏側にある『心理』と『真理』を、解き明かしてご覧にいれます。

笠井信輔が56歳で独立
男性アナが独立する理由とは?

フジテレビの笠井信輔アナウンサーが2019年9月に独立することを発表した。「自分の知識や体験を生かした仕事にさらに携わっていきたいという思いから、退社を決断いたしました」とコメント。造詣(ぞうけい)の深い映画や演劇に関する発信を行っていきたいという理由だった。

56歳でのフリー転身。いささか“遅めの独立”に見えるが、そもそも男性アナウンサーが会社を辞めるのはどういった理由や経緯が考えられるのだろうか。メディア研究家の衣輪晋一さんに話を聞いた。

「過去の例を見ると、久米宏さん(元・TBS)が36歳、羽鳥慎一さん(元・日本テレビ)が40歳、福澤朗さん(元・日本テレビ)が42歳、登坂淳一さん(元・NHK)が47歳、徳光和夫さん(元・日本テレビ)が48歳で独立しており、男性は30代後半から40代にかけてフリーになる方が多い傾向にあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.