くらし情報『松雪泰子、岩盤浴付きの2億5000万円 “こだわり豪邸” 売却の背景』

2019年8月20日 21:00

松雪泰子、岩盤浴付きの2億5000万円 “こだわり豪邸” 売却の背景

松雪泰子、岩盤浴付きの2億5000万円 “こだわり豪邸” 売却の背景
「サイン-法医学者柚木貴志の事件-」(テレビ朝日系)会見時の松雪泰子(2019年)撮影/伊藤和幸
現在放送中のドラマ『サイン─法医学者 袖木貴志の事件─』(テレビ朝日系)に出演している松雪泰子。最近の彼女の活躍には、めざましいものがある。

大森南朋さんが主演の同作では、警視庁捜査一課の管理官役という重要な役どころを熱演。10月からNHKで放送されるドラマ『ミス・ジコチョー〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜』と、来年公開予定の映画『甘いお酒でうがい』でも主演を務めます」(スポーツ紙記者)

仕事は絶好調だが、私生活では“ある変化”が。

■2億5000万円の大豪邸!?

「都内の閑静な住宅街にある一軒家に住んでいたのですが、その自宅が3か月ほど前から売りに出されているんです。息子さんと2人で暮らしていたんですけどね……」(近隣住民)

松雪は’98年にギタリストの男性と結婚し、’01年に長男を出産。’04年に離婚して以来、女手ひとつで息子を育ててきた。そんな彼女が、この家に住み始めたのは、’11年のこと。

「地上3階建てで、地下にはホームシアター室もある4LDKの豪邸です。土地代と建物代で合わせて約2億5000万円ほどかかったようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.