くらし情報『上西小百合の “元炎上秘書”、恨みを抱えたまま2月に死去していた』

2019年8月20日 16:00

上西小百合の “元炎上秘書”、恨みを抱えたまま2月に死去していた

上西小百合の “元炎上秘書”、恨みを抱えたまま2月に死去していた
上西小百合元議員
上西小百合元議員の秘書をやっていた笹原雄一という人物がいるのですが、自宅に財布や携帯を残して失踪したそうなんです。誰かに殺されたなんていう噂も出ていますよ」(フリージャーナリスト)

国分太一を困らせた過去

元衆院議員の上西小百合(36)と言えば、’15年に公設第一秘書と不倫“疑惑”旅行が報じられた影響から、『維新の党』を除名処分に。SNSもたびたび炎上するなど、話題には事欠かない。そんな上西の秘書も個性派ぞろいだった。

不倫旅行騒動の際、上西を直撃したテレビ局の記者に『エエかげんにせいやオマエ』『人の車当てたらどうするんやコラァ!』などと威圧した公設第一秘書だけでなく、’16年に公設第二秘書となった笹原氏も“炎上商法”で上西を盛り立てたひとり。

タレントの東国原英夫と上西がテレビ番組で対談したとき、“外野”である笹原氏は東国原を「ヒガシ」と呼び捨てにして激怒させたことも。’17年7月に『ビビット』(TBS系)に上西が出演した際には、質問のほとんどを笹原氏が答えてしまい、司会の国分太一が不満を漏らしたことも。

そんな上西も、’17年9月の衆議院解散に伴い政界を引退。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.