くらし情報『成田凌、宮沢氷魚、清原翔ら「メンノン男子」活躍の背景に、モデル出身の “強み”』

2019年8月23日 18:00

成田凌、宮沢氷魚、清原翔ら「メンノン男子」活躍の背景に、モデル出身の “強み”

成田凌、宮沢氷魚、清原翔ら「メンノン男子」活躍の背景に、モデル出身の “強み”
(左から)成田凌宮沢氷魚清原翔
現在放送中のドラマや話題の映画で、ひときわ輝きを放つ若手俳優たち。なかでもファッション誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルを務める“メンノン男子”たちの活躍は目覚ましい。モデルだけにとどまらない、多彩な才能を秘めたイケメンたちの魅力を分析してみると――。

放送中のNHK朝ドラ『なつぞら』で、柴田牧場の跡取り息子・柴田照男を好演している清原翔(26)。日テレ系ドラマ『偽装不倫』で、主演の杏と恋に落ちるイケメンカメラマンを演じる宮沢氷魚(25)。そして9月13日公開予定の映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』で、太宰に心酔する若手編集者を演じる成田凌(25)……。いま、テレビや映画で活躍中の彼らには、とある“共通点”が。

いずれもファッション誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルを務める“メンノン男子”なのだ。

「メンズノンノは’86年5月に女性ファッション誌『non-no』の男性版として創刊されました。歴代の専属モデルは、田辺誠一さん、谷原章介さん、東出昌大さん、坂口健太郎さんなど、数々の名俳優を輩出しています」(ファッションライター)

■メンノンモデル選出の基準

メンズノンノの編集長を務める根岸英行さんに話を聞くと、どんな系統でも清潔感を忘れないコーディネートの提案を心がけているという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.