くらし情報『秋田県の悲哀漂う健康データ、一方で未来への希望を感じる「学びの十か条」効果も』

2019年8月30日 08:00

秋田県の悲哀漂う健康データ、一方で未来への希望を感じる「学びの十か条」効果も

秋田県の悲哀漂う健康データ、一方で未来への希望を感じる「学びの十か条」効果も
秋田県のなまはげ
今年6月、日本人に多い「3大死因」のひとつに初めて老衰が加わった。がん、心臓病に次いで脳血管疾患の順だったが、老衰が3位に躍り出たのだ。

これら上位2つの死因で亡くなる人が多いうえ、平均寿命は短いという「残念なエリア」がある。東北地方だ。

■悲哀が漂う秋田県

男性の平均寿命では2005年からの10年間、ワースト3は青森、秋田、岩手の順。秋田は’16年、’17年ともに生活習慣病、がん、脳血管疾患の各死亡者数が全国トップだ。

「塩分の多さや寒さ厳しい気候のほか、可住地面積あたりの病院数が最下位、診療所数が45位と医療機関の少なさが影響しているかも。近くに病院がないと、こまめな受診ができず、病気の発見が遅くなりがちです」(医学ジャーナリストの植田美津恵さん、以下同)

加えて、日照時間も少なく自殺者の数もいちばん多い。

かなり悲哀が漂うものの、秋田には未来への希望を感じるデータも多い。まず、睡眠時間で秋田は最長だ。

寝る子は育つというが、子どもがスゴい!身長の高さは小5女子は2位、中2男子は1位。小学生の朝食摂取率、中学生の読書率も全国トップだ。

規則正しい生活習慣は学力へと実を結んでいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.