くらし情報『同性愛に数々の依存症、エルトン・ジョンの過激な人生を描いた「音楽映画の成功」』

2019年8月30日 11:00

同性愛に数々の依存症、エルトン・ジョンの過激な人生を描いた「音楽映画の成功」

同性愛に数々の依存症、エルトン・ジョンの過激な人生を描いた「音楽映画の成功」
『ロケットマン』(c)2018ParamountPictures.Allrightsreserved.エルトン・ジョンって★グラミー賞に34回のノミネート、5度の受賞
トニー賞、アカデミー賞など、数々の賞に輝く
★“音楽と慈善活動への貢献”によりエリザベス女王からナイトの称号を受ける
1992年に『エルトン・ジョン・エイズ財団』を設立。2018年の国際エイズ会議でイギリスのヘンリー王子とともに2030年までのエイズ撲滅を目標にした団体『ザ・メンスター・コアリション』を設立し、活動することを発表。
エルトン・ジョン”の由来はビートルズ?

本名はレジナルド・ケネス・ドワイト。音楽出版社で名前を聞かれたとき、友人の名前“エルトン”と、壁にかかっていたビートルズの写真から“ジョン”をとって、とっさに「エルトン・ジョン」と名乗ったのが始まり。

コンプレックスを隠すためのド派手な衣装

「私は外見に自信がない。だから派手にせざるをえなかったんだが、楽しかった。人々はお金を払って私を見に来る。だから着飾って気分を上げたいんだよ」とエルトン。アルコールやドラッグに依存していたことやストレスから薄くなった髪を隠すために帽子などでカムフラージュしていたという話も。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.