くらし情報『水卜麻美アナ、日テレの「引き止め作戦」むなしく“フリー転身”が早まった理由』

2019年8月28日 19:30

水卜麻美アナ、日テレの「引き止め作戦」むなしく“フリー転身”が早まった理由

しかし、ランナー 4人のうち唯一、当日まで名前を発表せず、最後まで引っ張ったことによって特別感が増しました。

つまり、見方によっては局アナに対してタレント以上の扱いをしたことになります。彼女がそれをどう受け取ったかはわかりませんが、局としてはそれを示したかったのだと思います」(テレビ局関係者)

本人がどこまで考えていたかは分からないが、オファーを快諾したのだ。

『24時間テレビ』直後に放送された『行列のできる法律相談所』に出演した際には、

「(オファーは)想像もしたことなかったんですけど、食い気味に『ハイ』と返事した。その後、メンバーを聞いて『タスキをつなぎたい』と思いました」

と語った水卜アナ。

彼女の性格を考えると、自分が選ばれたことが本当に嬉しかったのだろう。きっと自分を選んでくれた局にただ感謝しているようにもみえる。こうなると独立はなさそうにも思えるが、今回のマラソンが逆の効果を生んだ可能性を示唆する向きもある。

「ただでさえ人気のある水トアナでしたが、看板番組の総合司会を務め、その上マラソンも完走。翌日のレギュラー番組も欠席しないというスーパーウーマンぶりを見せつけました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.