くらし情報『Chageの熱意に聞く耳持たずのASKA、記念日に脱退表明で叶わなかった“SAY YES”』

2019年9月4日 16:00

Chageの熱意に聞く耳持たずのASKA、記念日に脱退表明で叶わなかった“SAY YES”

Chageの熱意に聞く耳持たずのASKA、記念日に脱退表明で叶わなかった“SAY YES”
ASKA
デビュー40周年記念日である8月25日に、ASKA(61)が『CHAGE and ASKA』からの脱退を表明した。翌日の26日、相方のChageはファンクラブサイトで以下のように心境を吐露した。

《彼の思いは「彼の考え」である事に間違いありません。そして誰が何を言っても「覆る」事はないのでしょう》

さらにASKAに対して2人での面会を申し入れたが実現しなかったことも明かした。すると翌27日、ASKAブログで反論。

《今まで何度も何度も、直接話したいと、僕やスタッフから、Chageサイドに告げてきました。それでも2人きりで話すことは、受け入れられなかったので、今回、脱退を通知せざるを得ませんでした》

食い違う2人の言い分。真相はどこに……。

■不安視されるASKAの“今後”

「薬物疑惑以降、ASKAは“しっかり生きろ”“怪しい人たちとの関係は絶って、もっとグループと向き合ってほしい”と諭すChageの話をうっとうしいと感じるようになってしまい、逃げるように脱退の道を選んだようです」(音楽関係者)

しかし、Chageと連絡がとれなくなったのはASKAだけではない。Chageとは数十年来の仲で、彼とバンドを組んでいたこともある音楽プロデューサーの村上啓介氏は、昨年からChageとまったく連絡がとれなくなったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.