くらし情報『見て、聞いて、味わって! 工場見学でわかった、カルピスが愛され続ける秘密』

2019年9月7日 09:00

見て、聞いて、味わって! 工場見学でわかった、カルピスが愛され続ける秘密

見て、聞いて、味わって! 工場見学でわかった、カルピスが愛され続ける秘密
ガイドさんの案内で、ギャラリーや製造方法を学ぶ撮影/渡邉智裕
「ここ館林で長きにわたり製造させていただいていますが、実はこういった施設を造るのは初めてなのです。あらためて地域の方々との交流を含め、さらに『カルピス』を深く知っていただくために、100周年を機に造ることができたのは本当に感慨深いですね」

■カルピスのルーツはモンゴルにあり

カルピスを展開する、アサヒ飲料株式会社の岸上克彦社長は館内を見渡して話す。かつては「味の素」の子会社に、そして現在、アサヒ飲料と合併した中で、岸上社長は元来からのカルピス“出身者”。それだけに思いは一入だろう。

そう、カルピスが1919年に発売されてから、今年でちょうど100周年。そんな記念年に、群馬県館林市のアサヒ飲料群馬工場内に、カルピス初の常設見学施設『「カルピス」みらいのミュージアム』が新たにオープンする。

「実際に製造ラインも見ていただけますし、知識や歴史など、また発酵の香りを体験できる部屋もありますので、カルピスを肌で、五感で感じていただけたらと思います」(岸上社長)

ガイドさんの案内で館内を回ると、さっそく出迎えてくれたのは乳牛の模型。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.