くらし情報『ジャニタレを襲う“ヤラカシ”、その実態と被害者家族の声「まるで恋人のように…」』

2019年9月26日 17:00

ジャニタレを襲う“ヤラカシ”、その実態と被害者家族の声「まるで恋人のように…」

ジャニタレを襲う“ヤラカシ”、その実態と被害者家族の声「まるで恋人のように…」
※写真はイメージです
今年8月、Hey! Say! JUMP・中島裕翔さんにストーカー行為を行なっていた、20代の会社員の女性が逮捕されたことは記憶に新しいと思います。ほかにも、関ジャニ∞大倉忠義さんが暴走するファンに対してブログで苦言を呈するなど、タレントの身を脅かすストーカー行為は、日々、深刻な問題となっています。

プライベートな領域にも土足で踏み込む彼女たちは、タレントやその家族の平穏まで壊してしまう“あおり運転者”のようなもの。今回、俳優・歌手として活躍するAさん(19)の母・貴美子さん(仮名)に、“ストーカー被害の実態”を伺いました。

■まるで恋人のように接してくる

――どのようにして“被害”が始まったのでしょうか?

最初は、偶然を装って息子に話しかけてきたようです。応援してくださる方なので親切に対応したところ、その“偶然”が続くようになって。これは“ヤラカシ”(※マナーを無視してタレントに接触しようとするファン)だと気づき、そっけなくしたところ、最寄り駅で待ち伏せされ、あとをつけられるようになりました。息子の俳優仲間も、仕事場からつけられ、自宅をつきとめられたりしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.