くらし情報『錦戸亮脱退の関ジャニ、大倉忠義「残留の背景」と2年前の「トラウマ」』

2019年9月9日 21:00

錦戸亮脱退の関ジャニ、大倉忠義「残留の背景」と2年前の「トラウマ」

今は、関ジャニを続けていく気持ちになったようです」(同・芸能プロ関係者)

■新生・関ジャニ∞が抱える“2年前のトラウマ”

残された5人は、“ある課題”に直面することになる。

「もともと渋谷さんと錦戸さんがメインボーカルでしたが、渋谷さんが抜けた後は、錦戸さんと安田章大さんによるツインボーカル体制をとっていました。ただ、低音をしっかり出せる錦戸さんが抜けてしまっては、グループとしての歌唱力がさらに低下するのは間違いありません」(レコード会社関係者)

それでも彼らはグループでの活動を続けることを決めた。

「11月から47都道府県を回るツアーを行うことを発表。安田さんがメインボーカルを務め、大倉さんと丸山さんもサブとして彼を助ける体制になるでしょうね」(前出・スポーツ紙記者)

ただ、新生・関ジャニ∞は“2年前のトラウマ”を抱えている。

「’17年に安田さんが脳腫瘍の手術を受けているんです。手術は成功して日常生活に支障はなかったのですが、昨年4月に立ちくらみで倒れ、背中と腰を骨折して全治3か月の重傷を負いました」(前出・ワイドショー関係者)

今後も安田にかかる負担は大きくなることが予想される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.