くらし情報『ディーン・フジオカ、憧れの中井貴一と語り合う「総理大臣になったらやりたいこと」』

2019年9月12日 16:00

ディーン・フジオカ、憧れの中井貴一と語り合う「総理大臣になったらやりたいこと」

やっぱりいろんな経験をされてるからかな。すごくフランクで話しやすかったですね」

ディーン「(安堵した表情で)よかった。安心しました(笑)」

劇中では、最初から最後まで大いに笑わせられるが(ディーンいわく、1分に1回笑える!)、

中井「役者が笑わせようとして演じるコメディーほど、失礼なことはない。三谷幸喜の作品は、役者が面白いことをしなくても面白くなるようにできているんです。

実は、僕は三谷さんと同じ年。見てきたもの、感じてきたものが似ているところがあって、(コメディアンの)植木等さんが好きなのも一緒なんです。ファンタジックにまとめる彼の作風が大好きですね」

主人公の総理は、国民からすさまじく(!!)嫌われており、その支持率は、なんと史上最低の2.3パーセント!

中井「もう、低すぎて。それなら、もう辞めてるでしょ!(笑)」

ディーン「僕も最初、その数字は間違いなんじゃないかと驚きましたよ」

■好感度は後からついてくるもの
しかし、ふたりも俳優として、表に出る人間。支持率ならぬ、“好感度”なんかは気にする?

中井「好感度かぁ。何したら高くなるんだろうね(笑)」

ディーン「今、久しぶりにそのワードを聞いたなって思ったくらい、普段あんまり意識してないですね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.