くらし情報『ディーン・フジオカ、憧れの中井貴一と語り合う「総理大臣になったらやりたいこと」』

2019年9月12日 16:00

ディーン・フジオカ、憧れの中井貴一と語り合う「総理大臣になったらやりたいこと」

中井「きっと好感度は、狙っちゃいけないんだよね。何か別のことをやっていて、そこに後からついてくるのかも」

ディーン「役者は監督が何を作りたいのか、どうしたらそれに貢献できるのか。自分がどう思われているかよりも、そういうことを意識している気がします」

中井「特に僕は三谷さんに対してそういう思いが強いんだけど、やっぱり映画って監督のもの。だから、個人の評価うんぬんよりも、“いい映画にして三谷幸喜を男にしたい!”って、そういう気持ちがあるんだよね」

仲睦まじく、会話を進める2人。そんな彼らに、せっかくなので“総理大臣になったらやりたいこと”を聞いてみた。

中井「国から予算を出してもらって、映画を作ること。政治が国境を超えるのは難しいかもしれないけど、何かに感動したり、面白いと思うことは、世界中で共有できるものがあるはず。(海外で活躍してきた)ディーンくんは、よくわかると思う。総理になる気持ちはないけど(笑)、映画を通して、日本という国をもっと知ってもらう機会をつくるっていうのは、夢かな」

ディーン「世界的に見たら、日本語を使う人って少ないですからね。僕は、日本語を話す人数が増えるような後押しができたら、いろんな意味で楽しいんじゃないかなって思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.