くらし情報『<白百合学園合格談>娘を入れてわかった私を侮辱してきた内部生たちの「実態」』

2019年10月1日 20:00

<白百合学園合格談>娘を入れてわかった私を侮辱してきた内部生たちの「実態」

しかし残念ながら、3年保育、2年保育ともにご縁はいただけず、小学校受験が最後の挑戦となりました」

――白百合学園小学校以外では、どのようなところを受験されましたか?

「滑り止めとして、白百合学園の姉妹校とも言われ、白百合女子大に指定校推薦がある、ヨゼフ学園を併願しました。教育方針も似ているので願書も面接も対策しやすかったです。ちなみに、聖心女子学院は受けていません、母親が白百合女子大卒ということもあって、そこには違和感がありました」

――白百合学園小学校の受験はいかがでしたか?

「白百合卒業生の多くは、校長先生の面接室に呼ばれると聞きますが、私どもは残念ながら違う面接室に割り振られました。

たまたま面接の先生が男性教員でしたので、家族でハワイ・ホノルルマラソンの10キロランに挑戦した話など、あえて白百合の“お嬢様”というイメージとは異なる、娘の活発な部分を推して面接に挑みました。卒業生とは違う新鮮な空気も学校側は取り入れたいだろうなと思い、実際、先生と盛り上がることができました。

ペーパー(筆記試験)、個別試験対策、運動、行動観察は大手幼児教室の白百合クラスでしっかり仕上げていただいており、願書と面接で失敗がなければ、模試でも合格圏内に入っておりましたので、大きな失敗もなく面接が終了した時点で少し気持ちに余裕を持って考査を迎えることができました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.