くらし情報『服のセンスでフラレることも、婚活男女 “デートファッション” の落とし穴』

2019年9月15日 21:00

服のセンスでフラレることも、婚活男女 “デートファッション” の落とし穴

お見合いの場合、男性はスーツにネクタイ、女性は清楚(せいそ)でシンプルなワンピースやツーピースが鉄板です。お見合いにはみなさん型通りの服を着て行くので、あまり失敗はありません。しかし、お付き合いに入ってからのデートファッションとなると、その方の普段の服のセンスがそのまま出てしまいます。

婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合いの現場に関わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えていく連載。今回は、「大丈夫?あなたのデートファッション」です。

服のセンスでフラレることも、婚活男女 “デートファッション” の落とし穴
写真はイメージです■流行りの“抜け感”と“だらしなさ”は紙一重

先日、俊成さん(35歳、仮名)が、お見合い後、お付き合いに入った登志恵さん(33歳、仮名)のファッションについて、こんなことを言っていました。

「お見合いのときは、シンプルな花柄のワンピースを着ていたので、服装のことは気にならなかったんですが、デートをするようになってから、どうも髪型や服装に違和感を覚えるようになって……」

髪型もお見合いのときは、後ろでひとつにまとめられていました。それが、デートのときは、おろしたままのスタイルでやってくるのだといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.