くらし情報『服のセンスでフラレることも、婚活男女 “デートファッション” の落とし穴』

2019年9月15日 21:00

服のセンスでフラレることも、婚活男女 “デートファッション” の落とし穴

「毛先を遊ばせるようにデザインカットされているんだと思うんでが、僕にはそれが手入れをしていないボサボサ髪に見えでしまう。髪質もあるのかな。モワッと広がっている印象で、だらしない感じ。耳にかけてもすぐに髪が前に落ちてくるし、食事を一緒にしていると、すごく気になるんです」

さらに、ファッションがとても個性的なのだとか。

「葉っぱとかプリントされている服が多いんです。彼女は、それがすごく好きみたいで」

葉っぱ、茎、ツルなどがプリントされている服は、ボタニカルファッションと呼ばれ、流行(はや)っていますよね。女性たちは大好きです。

「で、彼女の場合、すごくくすんだ色の服が多いので、年齢よりもずっと老けて見えるんですよ。さらにワンピースの下にジーンズとかはいてくる。流行りの着こなしなのかもしれないけれど、僕にはそれが似合っているとは思えないんです」

流行の移り変わりは目まぐるしい。ファッション誌でも、季節ごとに流行りのファッションと、その着こなし術を紹介しています。8頭身でスタイル抜群のモデルさんが着れば、どんな服でもかっこいい。しかし、それをそのまま自分に当てはめるのは難しいですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.