くらし情報『芸能人生83年、中村メイコの生前整理「トラック7台分を手放したときに感じたこと」』

2019年9月19日 08:00

芸能人生83年、中村メイコの生前整理「トラック7台分を手放したときに感じたこと」

芸能人生83年、中村メイコの生前整理「トラック7台分を手放したときに感じたこと」
中村メイコさん(85)
わずか2歳8か月で子役として映画デビュー。以来、人気女優として83年。洋服や着物、靴、アクセサリーなどを人の何倍も所有し、

「買い物ほど楽しいものはないわよね。それに、女優だから同じ物は身につけられないでしょ?」

ころころと笑う中村メイコさん。その老い支度は5年前の80歳のとき。夫・神津善行さんのユーモアあふれるひと言から始まった。

■トラック7台分の私物を手放した

「“君は何でもたくさん持っている。それをそろそろやめないか?もし君が先に死んじゃったら、僕は君の山のようなパンストに埋もれながら、それをどうするか考えなきゃならない。そんなじいさん、嫌だろう?ついては生活を縮小しよう”。キタ───!と思いました(笑)。そして、そのとおりだとも」

長女で作家の神津カンナさん、次女で女優の神津はづきさん、長男で画家の善之介さんはとうに独立。約30年前に建築した2階建て+地下という、まるで体育館のような大邸宅は、夫婦2人暮らしにはあまりにも広すぎた。

生前整理をして生活と持ち物を縮小化。老夫婦でも暮らしやすいコンパクトな家に住み替えることに。まずは、作曲家である善行さんの魂ともいえるグランドピアノから敢行。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.